top of page
検索
  • 執筆者の写真佐々木 強

デマンドコントロールシステムで経営を革新




こんにちは。今日は、電気代の高騰が経営に与える影響と、

その解決策としてのデマンドコントロールシステムについてお話しします。

本文 想像してみてください。


ある製造業の経営者が、毎月の電気代の請求書を見て驚愕している様子を。

電気代の高騰は、会社の運営コストを大幅に増加させ、

利益率の低下を招いています。価格転嫁が難しいため、

収益性に大きな影響が出ているのです。


さらに、高い運営コストは製品の価格競争力を損ない、

必要な再投資や新規投資の機会も失われています。

ここで、デマンドコントロールシステムが登場します。


このシステムは、ピーク時の電力消費をコントロールし、

電気代を削減する目的で設計されています。

具体的には、ピークカット機能によって電力需要が最も

高い時間帯の電力使用量を制限し、


高いピーク時料金の支払いを避けます。また、エネルギー使用のパターンを分析し、

非効率的な消費を削減することで全体的なエネルギー効率を向上させます。

このシステムの魅力は、


自動調整機能にもあります。実際の電力使用状況に基づいて自動的に調整を行うため、

人的ミスによる無駄遣いを防ぐことができるのです。

結果として、電気代の削減とCO2排出量の削減の両方を実現し、

経営にとってのコスト削減と環境負荷の軽減という


二重の利益をもたらします。「 エコネット」

経営者の皆様、電気代の高騰に悩まされてはいませんか?

当社のデマンドコントロールシステムは、


そんなお悩みを解決する鍵です。御社のビジネスに最適な省エネソリューションを

一緒に考えましょう。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page